辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

81

  1. 他物

    〘名〙 (「もつ」は「物」の慣用音) =たぶつ(他物)※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)七「第十、たもつをみだりにのぞむべからず」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 名を保つ

    名誉を守り続ける。名声を保持する。※千載(1187)釈教・一二一四「うれしくぞ名をたもつだに仇ならぬみのりの花に実を結びける〈快修〉」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘他タ五(四)〙 (「手(た)持つ」の意)① 手に持つ。所持する。携帯する。※書紀(720)敏達一三年九月(前田本訓)「彌勒の石の像(みかた)の一躯(ひとはしら)を有(タモテ)り」② 自分の物として所有し管理する。統治する。支配する。※大唐 ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

110

  1. 他物

    〘名〙 (「もつ」は「物」の慣用音) =たぶつ(他物)※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)七「第十、たもつをみだりにのぞむべからず」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 名を保つ

    名誉を守り続ける。名声を保持する。※千載(1187)釈教・一二一四「うれしくぞ名をたもつだに仇ならぬみのりの花に実を結びける〈快修〉」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘他タ五(四)〙 (「手(た)持つ」の意)① 手に持つ。所持する。携帯する。※書紀(720)敏達一三年九月(前田本訓)「彌勒の石の像(みかた)の一躯(ひとはしら)を有(タモテ)り」② 自分の物として所有し管理する。統治する。支配する。※大唐 ...
    精選版 日本国語大辞典