辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

11

  1. フリーライダー

    《ただ乗りする人の意》不労所得者。必要なコストを負担せず利益だけを受ける人。
    デジタル大辞泉
  2. フリーライダー

    〔ただ乗りする人の意〕 他人が費用負担したものを、対価を払わずに利用するだけの人。
    大辞林 第三版
  3. 薩摩守

    1 薩摩国の長官。特に、平忠度(たいらのただのり)をさすことが多い。2 《「薩摩守忠度(ただのり)」を「ただ乗り」にもじって》乗り物に無賃で乗ること。また、その人。ただのり。「薩摩守を決め込む」狂言。神崎の渡し守は秀句好きと教えられた出家が ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

19

  1. 駅路

    〘名〙① 宿駅の設けられている街道。えきろ。駅道(えきどう)。※古今六帖(976‐987頃)三「むまやぢに曳き舟渡しただ乗りに妹が心に乗りてくるかも」② 宿場。〔日葡辞書(1603‐04)〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 薩摩守

    [1][一] 平忠度(ただのり)のこと。[二] 謡曲「忠度(ただのり)」の古名。[三] 狂言。各流。茶代も持っていない旅僧をあわれんで、茶屋の亭主が、この先の渡しでは「平家の公達薩摩守忠度(ただのり)」というしゃれを言ってただ乗りせよと教え ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 薩摩守

    狂言の曲名。出家狂言。上方(かみがた)見物にやってきた僧(シテ)が、住吉天王寺へ行こうと神崎の渡しに差しかかり、茶屋に入るが無一文。亭主の施しで茶をふるまわれたうえ、渡し守は秀句好きだからと、ただで舟に乗る方法まで教わる。僧は船頭の趣味心を ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)