辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

4062

  1. それに

    [1] 〘接続〙① 前の事柄に対し、後の事柄が反対・対立の関係にあることを示す。それなのに。ところが。※枕(10C終)一〇八「頭(とう)つき給はぬかぎりは、殿上の台盤には人もつかず。それに、豆一盛り、やをらとりて、小障子のうしろにて食ひけれ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. それに

    [接]1 そのうえ。それに加えて。「晴れたし、それに風もない」2 そうであるのに。それなのに。「殿上の台盤には人もつかず。―、豆一盛りやをらとりて」〈枕・一〇八〉3 それにより。その結果。「右大臣(みぎのおとど)にまかせ申すとだに言ひやり給 ...
    デジタル大辞泉
  3. それに

    ( 接続 ) ① その上に。それに加えて。さらに。 「天気はいいし、-休日だし、絶好の行楽日だ」 ② しかるに。それなのに。 「此の聖人達は公召すだに速かに山を下らぬ人どもなり。-修行の次ついでにここにおはしたるは希有けうの事なり/今昔 1 ...
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

12921

  1. それに

    [1] 〘接続〙① 前の事柄に対し、後の事柄が反対・対立の関係にあることを示す。それなのに。ところが。※枕(10C終)一〇八「頭(とう)つき給はぬかぎりは、殿上の台盤には人もつかず。それに、豆一盛り、やをらとりて、小障子のうしろにて食ひけれ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 其につけて

    前の事柄との関係から、後の事柄が生ずることを示す。そのことと関連して。そのことが原因で。それによって。※宇津保(970‐999頃)楼上上「たとひ、人のはらから、なまわろくてもはべらんからに、それにつけてやおぼえのおとらん」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 其について

    前の事柄に関連して述べるときに用いる。そのことに関して。それにつき。※平家(13C前)一〇「重衡とらはれてこれまでくだり候ぬ。それについて、帝王の御かたきをうったるものは、七代まで朝恩うせずと申事は、きはめたるひが事にて候けり」
    精選版 日本国語大辞典