辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

8

  1. 舌鮃・舌平目

    〘名〙 ウシノシタ科に属する海産魚の俗称。食用になる。体色が赤いアカシタビラメと、体色が黒いクロウシノシタなどがある。体は扁平で目は左側にある。下あごでヒラメやカレイ類と一見して区別される。沿岸の砂泥底にすむ。《季・夏》※雑俳・柳多留‐四( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 舌鮃・舌平目

    カレイ目ウシノシタ科とササウシノシタ科の海魚の総称。全長約10~30センチメートル。体形は扁平で、牛の舌に似る。体色が赤いアカシタビラメや、黒いクロウシノシタなど日本近海に28種がいる。大形のものはムニエルやバター焼きにして美味。本州中部以 ...
    大辞林 第三版
  3. 舌鮃/舌平目

    カレイ目ウシノシタ科の海水魚、アカシタビラメ・クロウシノシタの総称。体は長卵形で著しく扁平。目は小さく、両眼とも体の左側にある。砂泥底にすみ、南日本に多い。フライ・ムニエルなどに料理する。美味。《季 夏》
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

11

  1. シタビラメ

    世界大百科事典 第2版
  2. 舌鮃・舌平目

    〘名〙 ウシノシタ科に属する海産魚の俗称。食用になる。体色が赤いアカシタビラメと、体色が黒いクロウシノシタなどがある。体は扁平で目は左側にある。下あごでヒラメやカレイ類と一見して区別される。沿岸の砂泥底にすむ。《季・夏》※雑俳・柳多留‐四( ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. シタビラメ

    硬骨魚綱カレイ目のうち、ササウシノシタ科、ウシノシタ科およびアキルス科Achiridaeの総称。別名ウシノシタ。体が薄いので地方によりベタ、ゲタ、クツゾコともよばれる。世界の熱帯から温帯の各地に広く分布し、種類数は300に近い。カレイやヒラ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)