辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

50

  1. 差当て

    〘副〙 (「さしあたりて」の変化した語)① =さしあたり(差当)(一)①〔日葡辞書(1603‐04)〕※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「暮に及んで宿屋はなし。差当(サシアタ)って難義なれば」② =さしあたり(差当)(一)②※浮世草子・本朝 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 差し当たって・差し当って

    ( 副 ) 「さしあたり」に同じ。 「 -問題はない」
    大辞林 第三版
  3. 差(し)当(た)って

    [副]《「さしあたりて」の音変化》「差し当たり」に同じ。「差し当たって暮らしに困るようなことはない」
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

39

  1. 差当て

    〘副〙 (「さしあたりて」の変化した語)① =さしあたり(差当)(一)①〔日葡辞書(1603‐04)〕※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「暮に及んで宿屋はなし。差当(サシアタ)って難義なれば」② =さしあたり(差当)(一)②※浮世草子・本朝 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 当用

    〘名〙 さしあたっての用事。当面の必要。さしあたってのこと。※太平記(14C後)一「呉子・孫子・六韜・三略なんと社(こそ)、然る可き当用の文なれ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 何はさておき

    他のことは別にして。さしあたって。とりあえず。※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉始めて亜米利加に渡る「江戸に来れば何(ナニ)は扨置き桂川の家には訪問するので」
    精選版 日本国語大辞典