辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

11

  1. 切れっ処・切れっ戸

    尾根が V 字形に深く険しく切れ込んだ所。鹿島槍ヶ岳と五竜岳の間の「八峰はちみねきれっと」などが有名。きれと。
    大辞林 第三版
  2. 切れっ処/切れっ戸

    登山で、山稜が深く切れこんで低くなっているところ。きりと。きれと。ギャップ。
    デジタル大辞泉
  3. 甑列島

    鹿児島県西方沖合の東シナ海にある列島。薩摩川内(さつませんだい)市に属する。甑の形に似るところから名づけられた。上甑島・中甑島・下甑島の三島と付近の小島群からなる。農耕地は少なく、カノコユリが自生する。甑島列島。甑島。
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

11

  1. きれっと

    世界大百科事典 第2版
  2. きれっと

    山陵がV字形に深く切れ込んでいるところ。語源はcleftといわれ,英語ではギャップgap。切戸(きれっと)は当て字。日本では北穂高岳と南岳との鞍部(あんぶ)の大切戸が有名。
    百科事典マイペディア
  3. 甑列島

    ⇒甑島列島(こしきじまれっとう)
    日本の地名がわかる事典