辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

65

  1. 〘自マ五(四)〙① 物などの数量が大きくなる。ふえる。※玉塵抄(1563)五〇「なを勢衆をましかさまれいと云たぞ」※われから(1896)〈樋口一葉〉六「此上小児が生れて物入りが嵩(カサ)んで」② 他に比べて程度が上になる。まさる。ぬきんでる ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 嵩む

    ( 動マ五[四] ) 〔「嵩」の動詞化〕 ① 数量・金額が大きくなる。ふえる。 「食費が-・む」 「金利が-・む」 ② 勢いが強くなる。また、増長する。 「かたはらの大臣、我に-・む事をそねみて/正法眼蔵随聞記」
    大辞林 第三版
  3. 嵩む

    [動マ五(四)]1 体積・分量・数量が増える。「荷が―・む」「本代が―・む」2 他に比べて程度が勝る。「(義経ハ)頼朝に―・みて見ゆ」〈盛衰記・四六〉3 増長する。勢いに乗じる。「駿河義元公、あまり―・みて信長に負け」〈甲陽軍鑑・一四〉
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

94

  1. 〘自マ五(四)〙① 物などの数量が大きくなる。ふえる。※玉塵抄(1563)五〇「なを勢衆をましかさまれいと云たぞ」※われから(1896)〈樋口一葉〉六「此上小児が生れて物入りが嵩(カサ)んで」② 他に比べて程度が上になる。まさる。ぬきんでる ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 金を食う

    効果があまりあがらないのに費用がかさむ。金がかかる。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 増嵩

    〘名〙 分量・金額などが増加すること。かさむこと。
    精選版 日本国語大辞典