国語辞典の検索結果

252971

  1. 〘感動〙 幼児語。人と別れる時に言い交わす言葉。さようなら。あば。※和訓栞(1777‐1862)「小児の人に別るるをあばあばといへり」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘感動〙① あくびをするとき発する声。※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「蹲踞する者有り、仮寐する者有り、欠伸又欠伸唖々々(〈注〉アアア)」② ためいきをつくとき発する声。※瀬山の話(1924)〈梶井基次郎〉「あああ。可哀そうな ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘感動〙 (「あつあつ」の変化したものか) 熱さにたえかねて発することば。あついあつい。※平家(13C前)六「入道相国、〈略〉身の内のあつき事火をたくが如し。〈略〉ただの給ふ事とては、あたあたとばかりなり」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

91

  1. した

    ああした悪事は必ずばれる|Such evildoing as that never fails to come out.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 〔赤ん坊をあやす言葉〕Boo!
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. a hag
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

714157

  1. 〘感動〙 幼児語。人と別れる時に言い交わす言葉。さようなら。あば。※和訓栞(1777‐1862)「小児の人に別るるをあばあばといへり」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘感動〙① あくびをするとき発する声。※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「蹲踞する者有り、仮寐する者有り、欠伸又欠伸唖々々(〈注〉アアア)」② ためいきをつくとき発する声。※瀬山の話(1924)〈梶井基次郎〉「あああ。可哀そうな ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘感動〙 (「あつあつ」の変化したものか) 熱さにたえかねて発することば。あついあつい。※平家(13C前)六「入道相国、〈略〉身の内のあつき事火をたくが如し。〈略〉ただの給ふ事とては、あたあたとばかりなり」
    精選版 日本国語大辞典