国語辞典の検索結果

443

  1. 霊妙な山。神仏などが祭ってある山。信仰の対象として、神聖視されている山。霊山。「霊峰恐山」「霊峰富士」
    デジタル大辞泉
  2. 〘語素〙 神や自然の霊の意で、神秘的な力を表わす。「みずち(水霊)」「のつち(野霊)」「いかずち(雷)」「おろち(大蛇)」。「わたつみ」「やまつみ」「ほほでみ」の「み」と同じ。
    精選版 日本国語大辞典
  3. ① 人間や動物の体に宿って、心のはたらきをつかさどり、また肉体を離れても存在すると考えられる精神的実体。たましい。 「 -と肉との一致」 ② 死んだ人のたましい。みたま。 「先祖の-をまつる」 ③ 目に見えない不思議なはたらきをもつもの。神 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

22

  1. 1 〔魂〕the soul; 〔精神〕the spirit 霊的|spiritual 霊の不滅|the immortality of the soul 霊肉一致|the union of the spirit and the flesh 霊 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. sacred grounds [precincts [prísikts]]; a holy place
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. a cemetery
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

500

  1. 〘語素〙 神や自然の霊の意で、神秘的な力を表わす。「みずち(水霊)」「のつち(野霊)」「いかずち(雷)」「おろち(大蛇)」。「わたつみ」「やまつみ」「ほほでみ」の「み」と同じ。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 死霊(しりょう)、または生霊(いきりょう)。たたりをなすれい。りょう。※源氏(1001‐14頃)葵「この御生霊、故父大臣の御らうなどいふ者あり」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 世界大百科事典 第2版