辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

2

  1. 院宣

    上皇または法皇の命により、院庁の役人の出す公文書。天皇の詔勅に相当する。
    大辞林 第三版
  2. 院宣

    平安時代以降、院司が上皇または法皇の命令を受けて出す文書。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

9

  1. 院宣

    院司などが上皇、法皇の意を受けて発行する文書。したがって本文末尾に「院宣如此(かくのごとし)」「院御気色所候也(いんのごきしょくそうろうところなり)」あるいはただ「御気色所候也」というような文句を入れ、院の意向を伝えるものであることを示して ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 院宣

    院政期~江戸時代に見られる古文書様式の一つ。上皇の仰(おおせ)を奉(うけたまわ)った側近がその意を体して発信する書札様文書。〈院の宣旨〉の略で,もともとは上皇の口頭命令ないしその内容を示す語であるが,転じて側近が院の宣旨を当事者に伝える文書 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 院宣

    院司(院庁(いんのちょう))が院(上皇および法皇)の命を奉じて出す文書。〈院の宣旨(せんじ)〉の略。院政とともに盛行したが,同じ院政時に用いられた院庁下文(くだしぶみ)に比べ私的文書の形をとる。→関連項目織田荘|近木荘|裁許状|新制|薪荘| ...
    百科事典マイペディア