辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 院宣

    上皇または法皇の命により、院庁の役人の出す公文書。天皇の詔勅に相当する。
    大辞林 第三版
  2. 院宣

    〘名〙 平安時代以来の文書の様式の一つ。上皇や法皇の仰せをうけて院司の一人が奉者となって書かれる奉書の一種。書止めは「院宣如レ此。悉レ之」「院御気色所レ候也。仍執達如レ件」などとなる。内容は私的なものから公的なものまで範囲が広く、院政期にな ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 院宣

    平安時代以降、院司が上皇または法皇の命令を受けて出す文書。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

10

  1. 院宣

    〘名〙 平安時代以来の文書の様式の一つ。上皇や法皇の仰せをうけて院司の一人が奉者となって書かれる奉書の一種。書止めは「院宣如レ此。悉レ之」「院御気色所レ候也。仍執達如レ件」などとなる。内容は私的なものから公的なものまで範囲が広く、院政期にな ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 院宣

    院司などが上皇、法皇の意を受けて発行する文書。したがって本文末尾に「院宣如此(かくのごとし)」「院御気色所候也(いんのごきしょくそうろうところなり)」あるいはただ「御気色所候也」というような文句を入れ、院の意向を伝えるものであることを示して ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 院宣

    院政期~江戸時代に見られる古文書様式の一つ。上皇の仰(おおせ)を奉(うけたまわ)った側近がその意を体して発信する書札様文書。〈院の宣旨〉の略で,もともとは上皇の口頭命令ないしその内容を示す語であるが,転じて側近が院の宣旨を当事者に伝える文書 ...
    世界大百科事典 第2版