国語辞典の検索結果

3

  1. 謙虚

    〘名〙 (形動) 謙遜で、心にわだかまりのないこと。ひかえめで、つつましやかなこと。へりくだって、つつましやかにすること。また、そのさま。※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「天性謙虚にして隠顕ともに節を改めざる人なり」 〔後漢書 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 謙虚

    ( 形動 ) [文] ナリ ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく、素直な態度で人に接するさま。 「 -な態度」 「人の教えを-に聞く」 [派生] -さ ( 名 )
    大辞林 第三版
  3. 謙虚

    [名・形動]控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」[派生]けんきょさ[名]
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 謙虚

    modesty 謙虚な (に)|modest(ly); humble (humbly) 謙虚に世論に耳を傾ける|listen humbly to the voice of public opinion
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

2

  1. 謙虚

    〘名〙 (形動) 謙遜で、心にわだかまりのないこと。ひかえめで、つつましやかなこと。へりくだって、つつましやかにすること。また、そのさま。※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「天性謙虚にして隠顕ともに節を改めざる人なり」 〔後漢書 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 謙虚な請願と勧告

    1657年3月,イギリスの護国卿政権下の第2議会で可決された国制案。統治章典を改正したもの。オリバー・クロムウェルに王位を提供しようとしたが,拒否され,6月の改定ではクロムウェルに後継者指名権を認め,また議会は二院制(両院制)をとることにな ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典