国語辞典の検索結果

663

  1. 廻・

    〔「すそみ(裾廻)」の誤読から〕 「すそみ」に同じ。 「或は-の田居にいたりて/方丈記」
    大辞林 第三版
  2. [常用漢字] [音]キョ(漢) [訓]すそ〈キョ〉1 着物のすそ。「軽裾」2 山のふもと。「裾礁(きょしょう)」〈すそ〉「裾野/川裾・裳裾(もすそ)・山裾」
    デジタル大辞泉
  3. 1 衣服の下方の縁(ふち)。また、その部分。「着物の裾をからげる」2 物の端。下端や末端の部分。「垂れ幕の裾」3 頭髪の、襟首(えりくび)に近い、末端の部分。「裾を刈り上げる」4 山などの麓。「富士の裾」5 川下(かわしも)。下流。「流れの ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

5

  1. 1 〔衣服の〕 すそを (3センチ) 上げる|take the hem up (three centimeters) すそを下げる|let the hem down スカートのすそを引っ張ってひざを隠した|She pulled the he ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 分け

    ほんのお裾分けですが新茶をどうぞ|Here is some of the first tea of the season which I'd like to share with you. 彼のもうけのお裾分けにあずかった|I got a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. the train⇒すそ(裾)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1042

  1. 尻ともいう。束帯のときに着る下襲 (したがさね) の長く引くうしろ身頃のこと。官職の差によって長短の差が生れた。 12世紀末期頃から上衣と裾が続いているのは着装に不便なのでこれを切離し,裾あるいは別裾と名づけ,白平絹の紐をつけて胴を締めて着 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. 世界大百科事典 第2版
  3. サンゴ礁の一形態。島などの裾(すそ)の部分に陸地に接し陸地を取り巻く形でできたもの。サンゴ礁発達の初期に見られる。
    百科事典マイペディア