国語辞典の検索結果

50

  1. 花を生ける、蝉の形をした籠。
    デジタル大辞泉
  2. 「せみ」に同じ。〈新撰字鏡〉
    デジタル大辞泉
  3. 1 半翅(はんし)目セミ科の昆虫の総称。翅(はね)は膜質で透明。頭部は三角形で両側に複眼、その間に単眼が3個あり、管状の口吻(こうふん)をもち、樹液を吸う。雄は腹部に発音器をもち、樹幹などで鳴く。幼虫は地中で木の根の汁を吸って育ち、数年のの ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. a cicada [sikéid | -k-]; ((米)) a locust 油ぜみ|a brown cicada みんみんぜみ|a robust cicada せみの声|the chirp of a cicada
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

49

  1. 動物。セミ上科に含まれる昆虫の総称
    動植物名よみかた辞典 普及版
  2. 退

    セミの抜け殻のことで、漢方では古くから解熱薬、止痒(しよう)薬として用いられてきた。薬用にされる種類は多いが、中国では主としてクマゼミ属Cryptotympanaのものが用いられ、日本ではアブラゼミGraptopsaltria nigrof ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 平安時代前期の歌人。宇多天皇の皇子敦実親王の雑色 (ぞうしき) とも,醍醐天皇の第4皇子ともいい,逢坂の関あたりに住んだ。盲僧。『後撰集』以下に4首入集。『今昔物語集』巻二十四,『平家物語』巻十一にみえ,能および近松門左衛門の浄瑠璃に『蝉丸 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
をYahoo!サービスで再検索:
画像