国語辞典の検索結果

148

  1. 〘名〙 (「蚊食(かくい)」の変化した語) からだの、蚊にさされたあと。※雑俳・藐姑柳(1785)三月一五日「蚊っくいをかきかき五六請(うけ)に来る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 昆虫「ががんぼ(大蚊)」の異名。《季・夏》 〔俚言集覧(増補)(1899)〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 昆虫「ががんぼ(大蚊)」の異名。
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

9

  1. 茂みの上に蚊柱が立っていた|There was a column of mosquitoes swarming above the bushes.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. a (fishing) fly 蚊針で釣る|fish with a fly
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. I a mosquito net 蚊帳をつる[外す]|「hang up [take down] a mosquito net 蚊帳の中で眠る|sleep under a mosquito net II 彼一人蚊帳の外に置かれた|He alo ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

150

  1. 〘名〙 (「蚊食(かくい)」の変化した語) からだの、蚊にさされたあと。※雑俳・藐姑柳(1785)三月一五日「蚊っくいをかきかき五六請(うけ)に来る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 蚊を追い払うために、いぶしたくこと。また、そのたくもの。蚊遣(かやり)。蚊遣火。かくすべ。《季・夏》※雑俳・柳多留‐八(1773)「むごらしくごぜ蚊いぶしの先に居る」※土(1910)〈長塚節〉一三「燃えた処だけがっくりと減った蚊燻( ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「かすいどり(蚊吸鳥)」の略) 鳥「よたか(夜鷹)」の異名。
    精選版 日本国語大辞典