国語辞典の検索結果

6

  1. 色紙

    〘名〙① 種々の色の紙。いろがみ。経文、和歌、文章などを書く料紙としても用い、また、祝いの屏風(びょうぶ)などにも貼った。※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「新翻薬師経廿二巻〈略〉二巻、色紙、青石軸、彩色帙一枚」※今鏡(1 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 色紙

    〘名〙① 色染めの紙。そめがみ。折り紙などにして幼児の遊びにも用いる。※雑俳・柳多留‐二(1767)「おしい船いろ紙のはたひるがえし」② 種々の色に染めた色違いの紙。畳紙(たとうがみ)として用いるものや、交互に配して装飾用とするものなどがあ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 色紙

    ① 和歌・書画などを書く方形の厚紙。表に金銀箔などを散らすものもある。普通、大は縦六寸四分(約19.4センチメートル)・横五寸六分(約17センチメートル)、小は縦六寸(約18.2センチメートル)・横五寸三分(約16センチメートル)。 ② 着 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 色紙

    colored paper
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 色紙

    a square piece of high-quality paperboard (for writing poems or painting pictures)
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

7

  1. 色紙

    〘名〙① 色染めの紙。そめがみ。折り紙などにして幼児の遊びにも用いる。※雑俳・柳多留‐二(1767)「おしい船いろ紙のはたひるがえし」② 種々の色に染めた色違いの紙。畳紙(たとうがみ)として用いるものや、交互に配して装飾用とするものなどがあ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 色紙

    〘名〙① 種々の色の紙。いろがみ。経文、和歌、文章などを書く料紙としても用い、また、祝いの屏風(びょうぶ)などにも貼った。※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「新翻薬師経廿二巻〈略〉二巻、色紙、青石軸、彩色帙一枚」※今鏡(1 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 色紙

    和歌,俳句,詩句または絵画をかくために,一定の大きさに断った厚手の方形料紙。その形式には大小2種があり,だいたい大は19.4cm×17cm,小は18.2cm×16cmであるが,現在は書画兼用の27.3cm×24.2cmのものが普及している。 ...
    世界大百科事典 第2版