国語辞典の検索結果

42

  1. 目的

    ① 実現しよう、到達しようとして目指す事柄。めあて。 「 -を達成する」 「 -をとげる」 「本来の-にかなっていない」 ② 〘哲〙 行為において目指すもの。それのために、またそれに向けて行為が行われ、実現が求められるもの。 ⇔ 手段 → ...
    大辞林 第三版
  2. 目的

    〘名〙① 実現しようとしてめざす事柄。めざす所。めあて。※渡海新法(1802)「地乗といふは地山を目的として渡海し」※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「民間政治家一たび利を目的とし、権勢を目的とし」② (end の訳語) 哲学で、実践的な ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 目的

    1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。「当初の目的を達成する」「目的にかなう」「旅行の目的」2 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。[用法]目的・目標――「目的(目標)に向かって着実に進む ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 目的

    a purpose; 〔目標〕a goal, an objective; 〔ねらい〕an aim; 〔意図〕an intention 人生の目的|one's aim [goal] in life 目的を達成する|attain [achiev ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

68

  1. 目的

    〘名〙① 実現しようとしてめざす事柄。めざす所。めあて。※渡海新法(1802)「地乗といふは地山を目的として渡海し」※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「民間政治家一たび利を目的とし、権勢を目的とし」② (end の訳語) 哲学で、実践的な ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 目的

    手段との相関概念で、広くは事象一般、狭くは人間の行動がそれへの到達またはその実現のために向かうことを予定される目当て、目標、理想をいう。手段と目的の相関性は、たとえば健康は幸福という目的の手段であるが、さらに適当な運動、睡眠、節制などは健康 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 目的

    〘名〙 哲学で、アリストテレスのいう四原因の一つ。事物が何のために存在するかを表わす目的が、その事物の存在・生成・行為をうながす原因の一種とみなされる。
    精選版 日本国語大辞典