国語辞典の検索結果

3

  1. 生け花・活花・挿花

    ① 草木の枝・茎・花・葉などを素材に花器と組み合わせ、形をととのえて鑑賞用の作品を作る日本固有の伝統芸術。立花たてはな・立華りつか・生花・抛入花なげいればな・盛花・投入・自由花などの形式がある。 ② 室町時代、手桶などに生かしていた花材を室 ...
    大辞林 第三版
  2. 生花・活花

    〘名〙 (「いけ」は、生かしておく意の「いける」の連用形から) 木の枝や草花などを切りとり、枝葉の形をととのえて、花器にさすこと。また、さしたものや、その技術、方式。華道(かどう)。※仙伝抄(1445)「つりくゎびんのこと〈略〉時のちゃはん ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 生(け)花/活け花

    草木の枝・葉・花を切り取り、花器に挿し、形を整えて鑑賞に供すること。また、挿したもの。立花(りっか)・生花(せいか)・自由花など、種々な様式がある。華道。挿花(そうか)。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 生け花

    〔華道〕flower arrangement; 〔生けた花〕flowers arranged ((in a vase)) 床の間に生け花が飾ってあった|A flower arrangement was on display in the a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

3

  1. 生け花

    花 (華) 道。日本特有の伝統芸術で草花などを材料として芸術的に生けること,またはその技術。寺院の仏前の供花 (くげ) ,荘厳などの宗教的行事に始り,草花そのものを観賞する挿花 (そうか) などから,室町時代になって流行した七夕花瓶合 (か ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. いけ花

    日本独自の伝統的な挿花(そうか)の技法。いけ花は時代の変遷に応じていろいろな様式を生じ、それがその時代のいけ花の名称となっている場合が多い。いけ花の初期は「たてはな」といい、それが江戸初期に様式を完成させて「立花(りっか)」の形式を生むと、 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 生花・活花

    〘名〙 (「いけ」は、生かしておく意の「いける」の連用形から) 木の枝や草花などを切りとり、枝葉の形をととのえて、花器にさすこと。また、さしたものや、その技術、方式。華道(かどう)。※仙伝抄(1445)「つりくゎびんのこと〈略〉時のちゃはん ...
    精選版 日本国語大辞典