国語辞典の検索結果

52

  1. 無限

    ( 名 ・形動 ) [文] ナリ ① 限りがないこと。どこまでも続くこと。また、そのさま。 ⇔ 有限 「夢は-に広がる」 「 -の宇宙」 「我が薄志弱行は-に母上を歎かせ参らせた/良人の自白 尚江」 ② 〘哲〙 ものが一定の関係や規定を受け ...
    大辞林 第三版
  2. 無限

    〘名〙① (形動) 限りのないこと。数量や程度に制限や限界のないこと。また、そのさま。無窮。無際限。※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「七八十にして死せば長寿と云ふ可し、然ども死して以往は永劫無限也」 〔勝鬘経‐一乗章〕② 哲学で、時間・ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 無限

    ① 限りなく小さいこと。 ② 〘数〙 変数が限りなく 0 に近づくこと。また、その変数。 ⇔ 無限大
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 無限

    infinity; 〔永久〕eternity 無限の|limitless, infinite, boundless; 〔無尽蔵の〕inexhaustible; 〔永久の〕eternal 無限の空間|infinite space 無限の天然資 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

112

  1. 無限

    〘名〙① (形動) 限りのないこと。数量や程度に制限や限界のないこと。また、そのさま。無窮。無際限。※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「七八十にして死せば長寿と云ふ可し、然ども死して以往は永劫無限也」 〔勝鬘経‐一乗章〕② 哲学で、時間・ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 無限

    有限に対立する概念。文字どおりには限りのないことを意味する。漢語としては「無極」「無尽」「無辺」のほうが、無限の意味を伝える。哲学的な意味での無限の取扱いで注目されるのは、ギリシアにおける「アペイロン」apeironだろう。これは「ペラス」 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 無限

    有限に対する概念で,一般には限りがないことを意味する。とりわけヨーロッパにおいて哲学的・数学的に主題化され,〈無限論〉として展開された。無限論は二つに大別される。すなわち可能的無限と現実的無限である。前者は無限を限りなき増大・減少と考える立 ...
    世界大百科事典 第2版