国語辞典の検索結果

1307

  1. 〘名〙① 火と龍。古代中国で、衣服の模様に用いられた。※日葡辞書(1603‐04)「Quareô(クヮリョウ)。ヒノタツ」② 火神の乗り物とされた伝説上の龍。転じて、夏の、ぎらぎら照りつける炎天などのたとえ。〔王轂‐苦熱行〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 「かき(火気)」の変化した語。※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「自分の魂が赤い炭の中へ抜出して、火気(クヮッキ)に煽られながら」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 火が生ずること。火を生ずること。※遊楽習道風見(1423‐28頃)「水晶は清浄躰にて、色文無縁の空躰なれ共、火生・水生を為せり」② 不動明王が身から火炎を出して、悪魔、煩悩(ぼんのう)を焼き尽くすこと。→火生三昧(かしょうざんまい ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

67

  1. flame; 〔明るい大きな炎〕a blaze 家は火炎に包まれた|The house was enveloped [wrapped] in flames. 火炎瓶|((throw)) a Molotov cocktail; ((英)) a ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. a kotatsu; a low, covered table with a heat source underneath 掘りごたつ|a kotatsu built into the floor/a sunken kotatsu 置きごた ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 〔火明かり〕firelight; 〔明かり〕a light かがり火の火影に彼の顔は幸せそうに見えた|In the flickering light of the bonfire, he looked happy. 彼は夜のやみの中に近づい ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1566

  1. 〘名〙① 火と龍。古代中国で、衣服の模様に用いられた。※日葡辞書(1603‐04)「Quareô(クヮリョウ)。ヒノタツ」② 火神の乗り物とされた伝説上の龍。転じて、夏の、ぎらぎら照りつける炎天などのたとえ。〔王轂‐苦熱行〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 「かき(火気)」の変化した語。※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「自分の魂が赤い炭の中へ抜出して、火気(クヮッキ)に煽られながら」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 火が生ずること。火を生ずること。※遊楽習道風見(1423‐28頃)「水晶は清浄躰にて、色文無縁の空躰なれ共、火生・水生を為せり」② 不動明王が身から火炎を出して、悪魔、煩悩(ぼんのう)を焼き尽くすこと。→火生三昧(かしょうざんまい ...
    精選版 日本国語大辞典