国語辞典の検索結果

20

  1. 津波

    海底において水圧を正確に計測し、水位変化を捉える機器。海底ケーブルや衛星通信によって地上の観測システムから常時水位をモニタリングする。海底地震計とともに、津波警報の発令に必要な情報収集を行う。海底津波計。
    デジタル大辞泉
  2. 津波警報

    〘名〙 津波の高さが二メートル内外、または三メートルを超えると予想される場合に、気象庁から発せられる警報。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 津波予報

    〘名〙 地震に伴う津波の伝搬速度と地震波速度との差を利用し、津波の到来範囲・時刻や規模を予報すること。津波の伝搬速度は早くても毎秒二〇〇メートル程度で、これは地震波の伝搬よりも一桁おそい。規模の大小により、警報と注意報に分ける。
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 津波

    〔術語〕a tsunami; 〔俗称〕a tidal wave ⇒コラム「災害」 津波警報|a tsunami warning ⇒コラム「気象」
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

59

  1. 津波

    おもに地震に伴う海底地形の急変によって発生し海洋を広く伝わる波。まれに海底火山の噴火、海岸付近の山崩れ、海洋上での核実験など、大規模で衝撃的な力によっても生じる。湖などでも観測されることがある。外洋では目だたないが、沿岸の浅い所へ伝播(でん ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 津波

    本来は,平常は波静かな“津”(港)に突然おそろしい災害をもたらす“波”という意味。古くは海嘯(かいしよう)という言葉もつかわれた。現在ではtsunamiは国際語になっている。[津波の原因と規模] 海洋には太陽や月の引力にもとづく潮汐や,低気 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 津波

    海底地震や海底火山の爆発など,地殻変動が原因となって起こる波長の長い波。地震津波ともいう。長いものは数百kmに及ぶ波が,10分~1時間の周期で数十回にわたって押し寄せる。波高は洋上ではそれほど高くないが,浅海,特に奥の狭い湾内などに入ると急 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典