国語辞典の検索結果

4

  1. 気力

    〘名〙 電気の力。※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「伝信機とは越列機篤児(エレキトル)の気力を以て遠方に音信を伝ふるものを云ふ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 気力

    〘名〙① 物事をなしとげようとする精神の力。また、心の活動力。元気。気魄(きはく)。※菅家文草(900頃)二「早春内宴、侍二仁寿殿一、同賦三春娃無二気力一」※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)飯坂「捨身無常の観念、道路にしなん、是天の命なり ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 気力

    困難や障害に負けずに物事をやり通す強い精神力。気持ちの張り。気合。 「最後は-だけで走り通した」 「 -十分」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 気力

    1 〔強い精神力〕will power 病人は気力だけで生きていた|The patient stayed alive by sheer force of will. 彼は気力で己に打ち勝った|He controlled himself by ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

2

  1. 気力

    〘名〙① 物事をなしとげようとする精神の力。また、心の活動力。元気。気魄(きはく)。※菅家文草(900頃)二「早春内宴、侍二仁寿殿一、同賦三春娃無二気力一」※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)飯坂「捨身無常の観念、道路にしなん、是天の命なり ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 気力

    〘名〙 電気の力。※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「伝信機とは越列機篤児(エレキトル)の気力を以て遠方に音信を伝ふるものを云ふ」
    精選版 日本国語大辞典