国語辞典の検索結果

4

  1. 剣道

    防具を着用し、互いに竹刀しないで定められた部位を打突して勝負を争う格技。 「 -具」 「 -場」
    大辞林 第三版
  2. 剣道

    〘名〙① =けんじゅつ(剣術)①〔改正増補和英語林集成(1886)〕② 特に、運動競技の一つとしての剣術をいう。防具を身につけ竹刀を使ってする競技。※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉軍事教育「剣道、柔道、水泳等にもそれぞれ専門家を ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 剣道

    日本の武道の一。面・籠手(こて)・胴・垂(たれ)などの防具を着装し、決められた相手の部位を竹刀で打ったり突いたりして勝敗を争う競技。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 剣道

    kendo; Japanese swordsmanship 剣道の道場[先生]|a kendo school [master] 剣道のけいこをする|practice kendo 剣道5段の腕前だ|He has a fifth dan in ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

17

  1. 剣道

    〘名〙① =けんじゅつ(剣術)①〔改正増補和英語林集成(1886)〕② 特に、運動競技の一つとしての剣術をいう。防具を身につけ竹刀を使ってする競技。※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉軍事教育「剣道、柔道、水泳等にもそれぞれ専門家を ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 剣道

    日本に生まれ,日本で独自の発展をしながら受け継がれてきた伝統的な運動文化。技法的な源流は,いうまでもなく刀剣で相手と戦う戦技であるが,戦技としての実用性を離れ,修養,護身,芸能,体育,スポーツなど,広範な目的や形態をもつ文化として発展,普及 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 剣道

    今日の剣道は、日本古来の武術の一つとして操刀の技法「太刀打ち(たちうち)」を中心に発展してきた剣術に基づいている。[渡邉一郎・中村民雄]歴史流派剣術以前剣術は、すでに『日本書紀』に「撃刀」(たちかき)として表れるが、奈良時代には撃剣、撃刀と ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)