辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 初初しい

    [形][文]うひうひ・し[シク]1 物慣れないで幼い感じがする。世間慣れしていないで、若々しく新鮮にみえる。「―・い新入生」「―・い新妻」2 はじめてなので、気持ちが落ち着かない。きまりが悪い。恥ずかしい。「今はさやうのことも―・しくすさま ...
    デジタル大辞泉
  2. 初初

    〘形口〙 はつはつし 〘形シク〙 (「はつばつしい」とも) 初めてで新しい。多く「はつはつしく」の形で、新春早々、はやばやとの意に用いる。※洒落本・多佳余字辞(1780)「初買そうそうに、はつはつしく、壱年中の口が落らアゑ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 初初

    〘形口〙 うひうひし 〘形シク〙① ひとの言動や態度、物の状態などが、世間ずれしていないで、若々しくけがれのないさまである。ものなれていないで初心な様子である。※枕(10C終)二七八「まだうひうひしきほどなる今参りなどはつつましげなるに」② ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

2

  1. 初初

    〘形口〙 はつはつし 〘形シク〙 (「はつばつしい」とも) 初めてで新しい。多く「はつはつしく」の形で、新春早々、はやばやとの意に用いる。※洒落本・多佳余字辞(1780)「初買そうそうに、はつはつしく、壱年中の口が落らアゑ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 初初

    〘形口〙 うひうひし 〘形シク〙① ひとの言動や態度、物の状態などが、世間ずれしていないで、若々しくけがれのないさまである。ものなれていないで初心な様子である。※枕(10C終)二七八「まだうひうひしきほどなる今参りなどはつつましげなるに」② ...
    精選版 日本国語大辞典