辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

2

  1. 中沢啓治

    [1939~2012]漫画家。広島の生まれ。自身の被爆体験をもとに、原爆や戦争をテーマにした作品を発表。特に「はだしのゲン」はベストセラーとなり、多くの外国語に翻訳されている。
    デジタル大辞泉
  2. 中沢

    姓氏の一。[補説]「中沢」姓の人物中沢(なかざわ)けい中沢啓治(なかざわけいじ)中沢道二(なかざわどうに)中沢不二雄(なかざわふじお)中沢良夫(なかざわよしお)中沢臨川(なかざわりんせん)
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

14

  1. 中沢啓治

    漫画家。広島県広島市出身。父は日本画家。国民学校1年生の時に広島で被曝。自身は奇跡的に助かるが,父,姉,弟を失った。この体験をのちに《はだしのゲン》で描くことになる。手塚治虫の《新宝島》を読んで漫画家を志す。1961年上京,1966年の母の ...
    百科事典マイペディア
  2. 中沢啓治

    1939- 昭和後期-平成時代の漫画家。昭和14年3月14日生まれ。郷里の広島で被爆し,父,姉,弟をなくす。上京して一峰大二に師事。昭和43年「漫画パンチ」に原爆をテーマにした「黒い雨にうたれて」を発表。48年から62年まで「少年ジャンプ」 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  3. 中沢啓治

    マンガ家。1939年3月14日、広島市生まれ。45年8月6日、小学1年生の時、爆心地から約1.2キロメートル離れた学校への登校途中に被爆。父、姉、弟、妹を亡くす。61年に上京し、数年後にデビュー。66年に母が原爆症で死去したのを機に、原爆を ...
    知恵蔵mini