辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 単峰駱駝

    ラクダの一種。体高約2メートル、背の中央にこぶが一つ隆起する。アラビア半島を中心にインド西部からアフリカ北部にかけて家畜として使役される。野生のものは絶滅。
    デジタル大辞泉
  2. 駱駝

    1 偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の哺乳類のうち、ヒトコブラクダとフタコブラクダの総称。体は黄褐色で四肢と首が長く、背中に脂肪を蓄えたこぶが一つまたは二つある。鼻孔を自由に閉じることができるなど、砂漠の暮らしに適応し、砂漠の舟とよばれる。ともに ...
    デジタル大辞泉
  3. 駱駝

    ① ラクダ科の哺乳類のうち、ヒトコブラクダとフタコブラクダをさす。肩高2メートル 内外ほどの大形草食獣。背のこぶに養分を貯蔵し、鼻孔を閉じることができる。足の裏は丸く広がった肉質部があって砂の上を歩くのに適し、長時間水を飲まずにいられるなど ...
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

16

  1. ヒトコブラクダ

    世界大百科事典 第2版
  2. ヒトコブラクダ

    哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ラクダ科の動物。体長2.5~3メートル、体高1.8~2.1メートル。原産地はアフリカ北部、アラビア半島と思われるが、野生種は絶滅し、家畜としてアフリカ北部、アジア南西部に分布し、おもに運搬に用いられる。[ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. ヒトコブラクダ

    →ラクダ
    百科事典マイペディア
ヒトコブラクダをYahoo!サービスで再検索:
画像
ウェブ