辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

14

  1. ラムゼー

    (Sir William Ramsay サー=ウィリアム━) イギリスの化学者。物理化学を研究。希ガス類を発見、また放射性元素崩壊説を確認した。一九〇四年ノーベル化学賞受賞。(一八五二‐一九一六)
    精選版 日本国語大辞典
  2. ラムゼー

    (1852~1916) イギリスの化学者。アルゴン・ヘリウム・ネオン・クリプトン・キセノンなどの希ガスを発見。またラドンの研究で放射性元素崩壊の際ヘリウムが放出されることを発見。
    大辞林 第三版
  3. ラムゼー

    [1852~1916]英国の化学者。アルゴン・ヘリウムやネオンなどの希ガス族元素を発見。また、ラジウムからのヘリウムの放出を確認し、放射性元素崩壊説を出した。1904年ノーベル化学賞受賞。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

103

  1. ラムゼー

    イギリスの化学者。グラスゴーの生まれ。グラスゴー大学で文学を学び1869年卒業。ついでタトロックRobert Tatlock(1837―1934)の研究室で分析化学に従事し、化学を志す。1870年ハイデルベルク大学でブンゼンに師事し、187 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ラムゼーの定理

    B.ラッセルは,数学を構成するためには,「無限の公理」「選出の公理」,そして「還元の公理」が必要であるとした。「還元の公理」というのは,ラッセルの導入した概念の型において,高次の型の概念を最低次の型の概念に還元しうることを要請する公理である ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ラムゼー

    (Sir William Ramsay サー=ウィリアム━) イギリスの化学者。物理化学を研究。希ガス類を発見、また放射性元素崩壊説を確認した。一九〇四年ノーベル化学賞受賞。(一八五二‐一九一六)
    精選版 日本国語大辞典