国語辞典の検索結果

17

  1. 齷齪

    〘副〙 =あくせく(齷齪)〔音訓新聞字引(1876)〕※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉温泉場日記「文学士は売文に齷齪(アクソク)する」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 齷齪

    [1] 〘副〙 =あくせく(齷齪)〔壒嚢鈔(1445‐46)〕[2] 〘形動ナリ〙 (中国の近世語から) きたないさま。みにくいさま。※通俗赤縄奇縁(1761)二「朱重原来老実の者にて、又蘭花が貌齷齪(アクサク)(〈注〉キタナイ)なれば」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 齷齪

    ( 副 ) スル 「あくせく(齷齪)」に同じ。 「文学士は売文に-する/社会百面相 魯庵」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 齷齪

    つまらないことにあくせくする|worry about little things あくせく働く|work hard [((口))like a dog]/toil and moil 彼女は一生をあくせくと過ごした|She spent her ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

7

  1. 齷齪

    〘副〙 =あくせく(齷齪)〔音訓新聞字引(1876)〕※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉温泉場日記「文学士は売文に齷齪(アクソク)する」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 齷齪

    [1] 〘副〙 =あくせく(齷齪)〔壒嚢鈔(1445‐46)〕[2] 〘形動ナリ〙 (中国の近世語から) きたないさま。みにくいさま。※通俗赤縄奇縁(1761)二「朱重原来老実の者にて、又蘭花が貌齷齪(アクサク)(〈注〉キタナイ)なれば」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 齷齪

    〘副〙 (「あくさく」の変化した語) 心にゆとりがなく、目先にだけ心をうばわれたようにせわしく事を行なうさまを表わす語。※雑俳・筑丈評万句合(1746‐48)「あくせくでかせいだ暮の餠の重」※和英語林集成(再版)(1872)「Akuseku ...
    精選版 日本国語大辞典