辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

20

  1. 茫茫

    [ト・タル][文][形動タリ]1 広々としてはるかなさま。「茫茫とした大海原」「茫茫たる砂漠」2 ぼんやりかすんではっきりしないさま。「茫茫たる記憶」「―と暗路(やみじ)に物を探るごとく」〈露伴・五重塔〉3 草・髪などが伸びて乱れているさま ...
    デジタル大辞泉
  2. 茫茫

    〘名〙 「ぼうぼうがしら(茫茫頭)」の変化した語。※虎明本狂言・茫々頭(室町末‐近世初)「都にも 所はなきか菊の花 ぼぼうがしらに咲きぞ乱るる」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 茫茫

    狂言「菊きくの花はな」の別名。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

15

  1. 茫茫

    〘名〙 「ぼうぼうがしら(茫茫頭)」の変化した語。※虎明本狂言・茫々頭(室町末‐近世初)「都にも 所はなきか菊の花 ぼぼうがしらに咲きぞ乱るる」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 茫茫

    [1] 〘名〙 髪の毛の乱れてばさばさしている頭。転じて、花などが咲き乱れているさまなどのたとえ。※虎寛本狂言・茫々頭(室町末‐近世初)「都には所はなきか菊の花、ぼうぼうがしらに咲ぞ乱るる」[2] 狂言「菊の花」の別名。大蔵流で用いる。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 茫茫

    〘形動タリ〙 茫然(ぼうぜん)を強めたいい方。※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「我ばかり芒々然として鈍にして世間の人は亡々たらぬ者もあるか」 〔孟子‐公孫丑・上〕
    精選版 日本国語大辞典