辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

15

  1. 往生論註

    世親の「浄土論」の注解書。北魏の曇鸞どんらん著。二巻。中国・日本の浄土思想に大きな影響を与えた。論註。浄土論註。
    大辞林 第三版
  2. 往生論註

    世親(せしん)の「無量寿経優婆提舎(浄土論)」に対する注釈書。北魏の曇鸞(どんらん)の著。二巻。無量寿経優婆提舎願生偈註、浄土論註、論註などともいう。往生の要因は本願力によることを強調し、後の浄土教に重要な影響を与えたもので、日本でも早くか ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 十字の名号

    浄土論にある「帰命尽十方無礙(むげ)光如来」という十字の、阿弥陀仏の名号。十字名号。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

42

  1. 浄土論

    中国,北魏の僧曇鸞(どんらん)(476‐542)の主著。インドのバスバンドゥ(世親または天親)の《浄土論》に対する注釈で,《往生論註》ともいい,《論註》《註論》とも略称される。2巻。《浄土論》は《無量寿経》に対する注釈なので,本書は再注釈と ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 浄土論

    インド浄土教の論書。正しくは《無量寿経優婆提舎願生偈(むりようじゆきよううばだいしやがんしようげ)》。《無量寿経論》《往生論》ともいう。バスバンドゥVasubandu(世親または天親)の著とされる。サンスクリット語原典は現存せず,漢訳(菩提 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 浄土論》(中国)

    世界大百科事典 第2版