辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 僑寓

    〘名〙 =きょうきょ(僑居)〔広益熟字典(1874)〕〔司馬光‐貢院乞逐路取人状〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 僑寓

    仮の住まい。僑居(きょうきょ)。
    デジタル大辞泉
  3. 僑居

    〘名〙 かりにすむこと。また、かりのすまい。寓居(ぐうきょ)。寄寓。仮居。僑寓。※翰林葫蘆集(1518頃)三・送叢英積首座帰周防「僑居几硯鬟凄凄。故国回頭在海西」※俳諧・斧の柄(1811)「斧の柄と名つけて僑居にうつりし時 折柴のなほほそか ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

4

  1. 僑寓

    〘名〙 =きょうきょ(僑居)〔広益熟字典(1874)〕〔司馬光‐貢院乞逐路取人状〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 僑居

    〘名〙 かりにすむこと。また、かりのすまい。寓居(ぐうきょ)。寄寓。仮居。僑寓。※翰林葫蘆集(1518頃)三・送叢英積首座帰周防「僑居几硯鬟凄凄。故国回頭在海西」※俳諧・斧の柄(1811)「斧の柄と名つけて僑居にうつりし時 折柴のなほほそか ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 客戸

    無産・僑寓の戸。中国の魏・晋以来みられ,唐末には均田制再編成のため,逃亡均田農民を客戸として掌握したが,両税法の現住地課税主義により主戸にくみ込まれた。宋代になって戸籍上,客戸制が確立する。土地を所有しない点から主戸と区別される。したがって ...
    世界大百科事典 第2版