辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

27

  1. 性具

    〘名〙① 仏語。天台宗の教義で、いかなる有情も、本覚の性に十界三千の善悪のあり方を具えていること。体具。理具。※米沢本沙石集(1283)一「天台の心ならば性具(シャウグ)の三千十界の依正」② ⇒せいぐ(性具)
    精選版 日本国語大辞典
  2. 性具

    〘名〙 性行為に用いる器具。性交の際に補助的に使用するもの、独悦として使用するもの、また、避妊目的のものなど各種ある。花柳界では縁起ものとして神棚に供える風習が明治期まであった。秘具。※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉よろず修善屋の ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 性具

    性行為に用いる器具。補助的に用いるもの、自慰に用いるものなどがある。
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

54

  1. 性具

    〘名〙① 仏語。天台宗の教義で、いかなる有情も、本覚の性に十界三千の善悪のあり方を具えていること。体具。理具。※米沢本沙石集(1283)一「天台の心ならば性具(シャウグ)の三千十界の依正」② ⇒せいぐ(性具)
    精選版 日本国語大辞典
  2. 性具

    〘名〙 性行為に用いる器具。性交の際に補助的に使用するもの、独悦として使用するもの、また、避妊目的のものなど各種ある。花柳界では縁起ものとして神棚に供える風習が明治期まであった。秘具。※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉よろず修善屋の ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 性具

    仏教用語。天台大師智(ちぎ)の中心の教えの一つ。われわれはこの世界を実在するものと単純に解したり、逆に実有(じつう)ならざるものと解することもある。その解し方は無数であるが、実はその無数の了解の仕方に応じて、われわれの善悪さまざまのあり方が ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)