辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

2

  1. 香淳皇后

    (1903~2000) 昭和天皇の皇后。名は良子ながこ。久邇宮邦彦の第一女。1924年(大正13)皇太子(後の昭和天皇)と結婚して皇太子妃、26年天皇即位により皇后、89年天皇死去により皇太后となる。
    大辞林 第三版
  2. 香淳皇后

    [1903~2000]昭和天皇の皇后。名は良子(ながこ)。久邇宮邦彦(くにのみやくによし)王の第1王女。大正13年(1924)、皇太子裕仁(ひろひと)と結婚。昭和天皇即位により皇后。平成元年(1998)皇太后。
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

8

  1. 香淳皇后

    昭和天皇の皇后。久邇宮(くにのみや)邦彦王(くによしおう)の第一女子。母は鹿児島・島津家の出身。名は良子(ながこ)。1918年(大正7)学習院女学部中等科3年のとき、皇太子裕仁(ひろひと)の妃に内定。その後、元老山県有朋(やまがたありとも) ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. 香淳皇后

    昭和期の皇族 昭和天皇皇后。 生年明治36(1903)年3月6日 没年平成12(2000)年6月16日 出生地東京 別名御名=良子(ナガコ),雅号=桃苑 経歴御名良子(ながこ)。久邇宮邦彦親王の第一王女。学習院女学部中等科3年のとき、裕仁皇 ...
    20世紀日本人名事典
  3. 香淳皇后

    →良子
    百科事典マイペディア