国語辞典の検索結果

3

  1. キラウエア灯台

    《Kilauea Lighthouse》米国ハワイ州、カウアイ島最北端の岬にある灯台。1913年に建造。周辺一帯は国立野生動物保護区に指定され、グンカンドリ・カツオドリ・コアホウドリなどの繁殖地になっている。正式名称はダニエル=K=イノウエ ...
    デジタル大辞泉
  2. キラウエア

    ハワイ島南東部の活火山。海抜1247メートル。山頂に直径約3キロメートルのカルデラがあり、その中央部の噴火口は常時活動し、溶岩湖を形成する。
    大辞林 第三版
  3. キラウエア

    米国ハワイ州、ハワイ島南東部の活火山。標高1222メートル。山頂に大カルデラがあり、その中央のハレマウマウ火口では溶岩湖が出現する。マウナロアとともに、周辺一帯はハワイ火山国立公園に指定。1987年に世界遺産(自然遺産)に登録された。
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. キラウエア

    (ハワイ) Kilauea
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

5

  1. キラウエア

    アメリカ合衆国,ハワイ州ハワイ島南東部にある活火山。標高 1250m。ハワイ火山群国立公園の中心をなし,マウナロア(4169m)の東麓に位置する。長さ 5km,幅 3.2kmの噴火口をもち,たびたび大噴火を起こす。溶岩が火口を満たし,ときに ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. キラウエア火山

    ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火山で、ハワイ・ボルケーノズ国立公園(19 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. キラウエア火口

    アメリカのハワイ州ハワイ島、今も活動を続けるキラウエア山にある、直径約4.5km、深さ約130mの大カルデラ。中にはいくつかの噴火口があり、最大のものは直径約800mのハレマウマ火口で、火の神ペレが住んでいるといわれている。毎年のように側面 ...
    世界の観光地名がわかる事典