辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

5

  1. 大方ならず

    〘連語〙 なみたいていでない。非常に。大変に。※かた言(1650)「斜(なのめ)といふこと葉は、七八分などいふ心にて侍るとかや。然れば、大かたならずといへる心にて侍る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 大方無し

    ( 形ク ) 並大抵でない。はなはだしい。 「謙信-・く無興にて/甲陽軍鑑 品三二」
    大辞林 第三版
  3. 大方ならず

    ( 連語 ) なみなみならない。非常に。 「あわてふためくこと-」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

3

  1. 大方ならず

    〘連語〙 なみたいていでない。非常に。大変に。※かた言(1650)「斜(なのめ)といふこと葉は、七八分などいふ心にて侍るとかや。然れば、大かたならずといへる心にて侍る」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 大方無

    〘形ク〙 ひととおりでない。なみたいていでない。はなはだしい。※甲陽軍鑑(17C初)品三二「信玄〈略〉堪忍の二字を、分別せられよ、と御返事あるに付、謙信大形(ヲヲカタ)なく、無興にて、又取あひをおこし」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 大方・大抵・凡

    [1] 〘名〙① 事柄の量、範囲などについて、その大部分。副詞的にも用いる。あらかた。だいたい。ほとんど。全般的に。総じて。※土左(935頃)承平五年二月一六日「おほかたのみなあれにたれば、『あはれ』とぞひとびといふ」※風姿花伝(1400‐ ...
    精選版 日本国語大辞典