国語辞典の検索結果

803

  1. [名]1 空気のほぼ水平方向の運動。風向と風速で動きを表す。山谷風・海陸風のような小規模のものから、中規模の季節風、大規模な偏西風・貿易風などがある。「風が吹く」「涼しい風に当たる」「テントが風をはらむ」2 その身に感じられる人々のようす。 ...
    デジタル大辞泉
  2. 1 風と波。2 風が吹いて波がざわめき立つこと。また、その波。風波。風浪。
    デジタル大辞泉
  3. ( 名 ) ① 空気の動き。一般に、気圧の高い方から低い方に向かう水平方向の空気の流れをいう。 「 -が吹く」 ② 人に対する社会全体の態度。 「世間の-は冷たい」 ③ ならわし。しきたり。風習。 「芦原や正しき国の-として/新千載 慶賀」 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

85

  1. 1 〔趣〕 風情のある|〔趣のある〕tasteful/〔優雅な〕elegant/〔詩的な〕poetic それが部屋に一層の風情を添えていた|It made the room all the more attractive [charming ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. a wave-like pattern made on the sand by the wind
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. 風流な|〔優雅な〕elegant; 〔趣のある〕tasteful; 〔洗練された〕refined 風流の道|elegant accomplishments/refined pursuits 風流な人|a person of refined ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1215

  1. 風の速さ。メートル単位で計測し秒速(ms)で表されるが,kmh,ノットなども用いる。ふつうは前10分間の平均風速をいう。例えば15時の風速が6msといえば,14時50分から15時までの平均風速が6msであることを意味する。→関連項目風
    百科事典マイペディア
  2. 中国の《詩経》にいう六義(りくぎ)(風,賦,比,興,雅,頌)の〈風〉は,〈雅〉〈頌〉とともに内容上の分類を示し,国風(くにぶり)ともいわれ,諸国の風俗・習慣をうたった民謡をいう。日本では古く《古今和歌集》に中国の六義にならった和歌の六義とい ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 一般には地球上における水平な空気の流れをさして風といっているが,地球以外の惑星大気の動きも同じく風と呼んでいる。また,太陽から放出されるプラズマの流れを太陽風という。なお上向きや下向きの空気の流れは気流と呼んで一般に風とは区別している。風は ...
    世界大百科事典 第2版