国語辞典の検索結果

66

  1. 一 ( 名 ) ① 家々の系統を表す名称。名字。姓。 ㋐ 民法旧規定において、家の名称。 ㋑ 現行法上、名とともに個人の呼称となるもの。原則として、夫婦と未婚の子は同じ氏を称する。 ② 家柄。 ③ 事実上あるいは系譜上、同祖から出たものとさ ...
    大辞林 第三版
  2. 一 ( 名 ) 「 うじ(氏) 」に同じ。 二 ( 代 ) 三人称。男子に対して、敬意をこめて用いる。彼。 「 -は斯界の先達であります」 三 ( 接尾 ) ① 人の姓名に付けて尊敬の意を表す。主として男子に用いる。 「山田太郎-」 ② 氏 ...
    大辞林 第三版
  3. ① 古代の氏族が共同でまつった祖先神、あるいはその氏と特に縁故のある守護神。また、それをまつった神社。藤原氏の祖先神としての天児屋根命あまのこやねのみこと、守護神としての鹿島神宮・香取神宮、忌部氏の太玉命ふとたまのみこと、源氏の八幡宮など。 ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

7

  1. 1 〔名字〕a family name 2 〔家柄〕birth, lineage; 〔血統〕lineage 彼は氏も育ちもよい|He is well-born and well-bred. 彼は氏も育ちも分からない|〔身元不明〕No one ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. a tutelary [guardianpatron] deity
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. local residents worshiping the same guardian deity
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

378

  1. [日本古代の氏] 〈うじ〉の語源として,〈うち〉(内)の意であるとする説,朝鮮語の〈ウルul〉(親族),蒙古語の〈ウルクuruk(urug)〉(親戚)に由来するとみる説などがある。要するに,氏とは祖先をおなじくし,同族系譜によってむすばれた ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 家系を表す名称で、姓、苗字(みょうじ)をさす。また、「山田氏(うじ)」などと苗字につけて敬意を表すこともある。日本の古代社会においては、支配階級の父系血縁集団の呼称。[黛 弘道]古代社会の氏古代社会の父系血縁集団は、実際の血縁以外の者をも包 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 世界大百科事典 第2版
をYahoo!サービスで再検索:
ニュース