辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

75

  1. てんき

    ( 副 ) 「 てんから 」に同じ。
    大辞林 第三版
  2. てんき

    [副]最初から。てんで。てんから。「他の人の身の上のことなど、―考えはしないんだ」〈葉山・海に生くる人々〉
    デジタル大辞泉
  3. 典拠

    (文献上の)確かな根拠。よりどころ。 「 -を示す」 「…を-とする」
    大辞林 第三版

その他の辞典の検索結果

66

  1. てんきてんき丹後

    京都府京丹後市にある道の駅。国道178号に沿う。
    デジタル大辞泉プラス
  2. 天気

    人間の生活に影響を与える大気の状態のこと。広い意味では,ある時刻または長くない時間帯における気温,湿度,風,雲,降水,視程などの気象要素を総合した大気の状態のことで,数日以上にわたる長い時間帯の場合には天候といって区別することもある。狭い意 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 天気

    瞬時からせいぜい2、3日間の大気の状態をいうことば。この場合の大気の状態とは、人間が直接に体験することのできる大気のありさまである。 広義に天気といえば、雲の多少、雨や雪などの降水の有無と量、寒暖の程度、乾湿の度合い、風の強弱や風向き、気圧 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
てんきをYahoo!サービスで再検索:
知恵袋
ウェブ