国語辞典の検索結果

40

  1. 〘名〙① 人の長となる人。かしら。首長。首魁。〔書経‐胤征〕② 他の者の先頭を行くこと。また、その者。さきがけ。※江戸繁昌記(1832‐36)三「大日本国中、神々仏々、大と没く小と没く、霊を屈して来たり仰ぐ殆ど虚月無し。今其魁為る者を算れば ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. さきがけ。先鞭せんべん。 「時代の-となす」
    大辞林 第三版
  3. ① 北斗七星の第一星。 ② 科挙を首席で合格した者。
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 容貌魁偉な男|「a formidable-looking [an imposing] man
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

45

  1. 〘名〙① 人の長となる人。かしら。首長。首魁。〔書経‐胤征〕② 他の者の先頭を行くこと。また、その者。さきがけ。※江戸繁昌記(1832‐36)三「大日本国中、神々仏々、大と没く小と没く、霊を屈して来たり仰ぐ殆ど虚月無し。今其魁為る者を算れば ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 (「魁」は、先頭を行く者の意) ある集団の長。かしら。頭目。首魁。※本朝文粋(1060頃)四・為貞信公辞摂政准三宮等表〈大江朝綱〉「魁首将門。獣心人面」 〔荀悦漢紀‐孝哀紀〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 賊徒などのかしら。魁首。巨魁。※聖徳太子伝暦(917頃か)上「先召二魁帥一、重加二教喩一」 〔呉志‐程晉伝〕② 軍兵。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
    精選版 日本国語大辞典