国語辞典の検索結果

3

  1. 許す

    [動サ五(四)]《「緩(ゆる)」「緩(ゆる)い」と同語源》1 (「聴す」とも書く)不都合なことがないとして、そうすることを認める。希望や要求などを聞き入れる。「外出が―・される」「営業を―・す」2 (「赦す」とも書く)過失や失敗などを責めな ...
    デジタル大辞泉
  2. 許す・赦す・聴す

    ( 動サ五[四] ) 〔「緩ゆるし」 「緩ふ」と同源〕 ① 罪や過失を、とがめだてしないことにする。また、服役中の人を放免する。 《許・赦》 「今度だけは-・してやる」 「子供をだますなんて絶対に-・せない」 ② 願い・申し出などをききいれ ...
    大辞林 第三版
  3. 許・赦・聴・緩

    〘他サ五(四)〙 (「ゆる(緩)」「ゆるい(緩)」と同語源)① 引き張ったものをゆるめる。※万葉(8C後)一一・二五〇五「梓弓引きて許(ゆるさ)ずあらませばかかる恋には逢はざらましを」※源氏(1001‐14頃)若菜上「猫の綱ゆるしつれば」② ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 許す

    1 〔罪などを免じる〕forgive; pardon; excuse [ikskjúz] (▼3語とも大体同じだが,forgiveは個人的な感情の上で心からその恨みを無くすこと.宗教的な意味合いを含むこともある.par
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1

  1. 許・赦・聴・緩

    〘他サ五(四)〙 (「ゆる(緩)」「ゆるい(緩)」と同語源)① 引き張ったものをゆるめる。※万葉(8C後)一一・二五〇五「梓弓引きて許(ゆるさ)ずあらませばかかる恋には逢はざらましを」※源氏(1001‐14頃)若菜上「猫の綱ゆるしつれば」② ...
    精選版 日本国語大辞典