辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

3

  1. 源頼朝

    (1147~1199) 鎌倉幕府初代将軍。義朝の三男。平治の乱後、伊豆蛭ヶ小島に配流。1180年以仁王もちひとおうの平氏追討の令旨に応じ挙兵。石橋山に敗れ安房に逃げたが、東国武士の来援を得て関東を制しつつ鎌倉にはいって根拠地とした。同年、平 ...
    大辞林 第三版
  2. 源頼朝

    鎌倉幕府初代将軍。義朝の三男。平治の乱で敗走中に捕われて伊豆に配流。治承四年(一一八〇)挙兵して石橋山の戦に敗れたが、間もなく勢力を回復、鎌倉にはいり、武家政権の基礎を樹立。弟範頼・義経に命じて木曾義仲を討ち、続いて平氏を滅ぼした。のち不和 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 源頼朝

    [1147~1199]鎌倉幕府初代将軍。義朝の三男。平治の乱後、伊豆に流されたが、以仁王(もちひとおう)の平氏討伐の令旨を受けて挙兵。鎌倉を本拠に関東に勢力を伸ばし、弟範頼・義経を西上させて義仲を討ち、次いで一ノ谷・壇ノ浦などの戦いで平氏を ...
    デジタル大辞泉

その他の辞典の検索結果

26

  1. 源頼朝

    鎌倉幕府初代将軍。義朝の三男。平治の乱で敗走中に捕われて伊豆に配流。治承四年(一一八〇)挙兵して石橋山の戦に敗れたが、間もなく勢力を回復、鎌倉にはいり、武家政権の基礎を樹立。弟範頼・義経に命じて木曾義仲を討ち、続いて平氏を滅ぼした。のち不和 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 源頼朝

    鎌倉幕府初代将軍。源義朝(よしとも)の三男。母は熱田(あつた)大宮司藤原季範(すえのり)の女(むすめ)。義朝は1143年(康治2)から45年(久安1)ごろにかけて、相模(さがみ)国鎌倉の館(やかた)を本拠として東国経営を進めていたが、のち上 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 源頼朝

    [生]久安3(1147)[没]建久10(1199).1.13. 鎌倉鎌倉幕府初代将軍 (在職 1192~99) 。武家政治の創始者。義朝の3男。母は熱田大宮司季範の娘。妻は北条時政の娘政子。平治1 (59) 年の平治の乱に敗れて伊豆に流され ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典