国語辞典の検索結果

13

  1. 椅子

    〘名〙 「いす(椅子)」の変化した語。※御伽草子・大仏供養物語(室町時代物語集所収)(室町末)「ゆすより、ひきをとし、恥にあたえんものをとて」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 椅子

    〔「す」は唐音〕 ① 腰をかける道具。腰かけ。 → 倚子いし ② 官職などの地位。ポスト。 「大臣の-」
    大辞林 第三版
  3. 椅子

    〘名〙 室内遊戯の一つ。椅子または座蒲団(ざぶとん)を人数よりも一つ少なく円形に並べ、座中の者が一列になってその外側を回り、局外者の合図によって同時に各自が一個ずつ席を占め、席を取ることのできなかった者は仲間から除かれて椅子または座蒲団を一 ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 椅子

    I a chair; 〔ひじや背のないもの〕a stool 長いす|a sofa ひじ掛けいす|an armchair 安楽いす|an easy chair 揺りいす|a rocking chair 回転いす|a revolving [sw ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

19

  1. 椅子

    腰を掛けるための家具。日本では近代に至るまで床に座る生活が続き,床几(しょうぎ),縁台,僧の用いた曲【ろく】(きょくろく)などはあるものの,いす文化は発達しなかった。西洋では椅子は休息するためのものとして,また権威の象徴として発達してきた。 ...
    百科事典マイペディア
  2. 椅子

    〘名〙 「いす(椅子)」の変化した語。※御伽草子・大仏供養物語(室町時代物語集所収)(室町末)「ゆすより、ひきをとし、恥にあたえんものをとて」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 椅子

    人が腰をかけるための家具の総称。人間が生活のなかでとるおもな姿勢は、立つ、座る、寝る、の三つであるが、このなかの座るに対応する道具が椅子である。人生の約3分の1は椅子で過ごすわけで、人体への適合を強く要求されるので、椅子は家具というよりは体 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)