国語辞典の検索結果

23

  1. 土俵

    〘名〙 相撲で、審判委員、行司、力士などが控える土俵下のところ。たまり。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 土俵

    ① 中に土を詰めたたわら。土囊どのう。たわら。 「 -を積んで堤を築く」 ② 相撲をとる場。二〇俵の① を半ば土中に埋めて直径4.55メートルの円としたもの。正式には、下部の一辺6.70メートルの正方形の上に土を盛り、硬くつき固めた上に設け ...
    大辞林 第三版
  3. 土俵

    〘名〙① 土をつめた俵(たわら)。土嚢(どのう)。〔室町殿物語(1706)〕※俳諧・糸瓜草(1661)一「的場をや作るどひゃうのうつほ草〈弘行〉」② 相撲の土俵場。※雑俳・川柳評万句合‐天明四(1784)八月一五日「土ひゃうからしろうとをよ ...
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 土俵

    I 1 ⇒どのう(土嚢) 2 〔相撲の〕the (sumo) ring 土俵上で|in the ring II 〔話し合いなどの場〕 話し合いを土俵に戻す|start negotiations all over again ようやく両者が同 ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

28

  1. 土俵

    〘名〙 相撲で、審判委員、行司、力士などが控える土俵下のところ。たまり。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 土俵

    〘名〙① 土をつめた俵(たわら)。土嚢(どのう)。〔室町殿物語(1706)〕※俳諧・糸瓜草(1661)一「的場をや作るどひゃうのうつほ草〈弘行〉」② 相撲の土俵場。※雑俳・川柳評万句合‐天明四(1784)八月一五日「土ひゃうからしろうとをよ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 土俵

    相撲をとって競技する相撲場のことで,〈土俵場〉ともいったが,現在は単に土俵という。土俵とは,本来,相撲場を構築するために使う土と小砂利の入った俵のことであるが,後に土盛りした四角い壇状の構築物全体を指していうようになった。17世紀末ころから ...
    世界大百科事典 第2版