国語辞典の検索結果

414

  1. =ならびがおか(双ケ岡)
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘形動タリ〙 ふたつのものが並びあっているさま。ひとそろいであるさま。※文華秀麗集(818)中・奉和聴擣衣〈桑原腹赤〉「双双秋鴈数般翔、閨妾当驚辺已霜」※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「双双(サウサウ)たる蝴蝶花間に舞ひ」 〔李商隠‐ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘形ク〙 たぐいがない。並ぶものがない。このうえない。すばらしくすぐれている。※平家(13C前)一「為俊、盛重、童より千手丸・今犬丸とて、是等は左右なききりものにてぞありける」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

21

  1. I 〔二つの頭〕 双頭の怪物|a two-headed monster II 〔二人の支配者〕 この会社は双頭のようなものだから運営がうまくいかない|This company is badly managed because, practi ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. 双胴の飛行機|a twin-fuselage plane
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. これらの小説は明治文学の双璧だ|These novels are the two finest [greatest] works of literature in the Meiji period.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

714

  1. =ならびがおか(双ケ岡)
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 =ふたごもり(二籠)②《季・夏》
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘形動タリ〙 ふたつのものが並びあっているさま。ひとそろいであるさま。※文華秀麗集(818)中・奉和聴擣衣〈桑原腹赤〉「双双秋鴈数般翔、閨妾当驚辺已霜」※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「双双(サウサウ)たる蝴蝶花間に舞ひ」 〔李商隠‐ ...
    精選版 日本国語大辞典