国語辞典の検索結果

878

  1. 〘名〙 残りなく支払うこと。全部を一度に払うこと。※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉灰燼余録「進んで保険金の全払ひ、或は大部分の払出しをなすであらう」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 全部の勝負に勝つこと。まるがち。※日本外史(1827)五「我且引還、養レ鋭再挙、以駆三敵於二数百里外一、是全勝之策也」※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「全勝の花冠は我が頭上に在焉(あり)」 〔孫子‐形〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「うつ」は、全部の意) そっくりそのまま抜き取ること。※古事記(712)上「天の香山(かぐやま)の真男鹿(まをしか)の肩を内抜(うつぬき)に抜きて」
    精選版 日本国語大辞典

英和・和英辞典の検索結果

81

  1. (韓国) ⇒チョンチュ
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. (韓国) 〔都市〕Chŏnju
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  3. total; all; whole 全12巻の国語辞典を購入した|I bought a twelve-volume Japanese dictionary. 全世界|the whole world
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

1792

  1. 〘名〙 全部の勝負に勝つこと。まるがち。※日本外史(1827)五「我且引還、養レ鋭再挙、以駆三敵於二数百里外一、是全勝之策也」※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉一「全勝の花冠は我が頭上に在焉(あり)」 〔孫子‐形〕
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 残りなく支払うこと。全部を一度に払うこと。※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉灰燼余録「進んで保険金の全払ひ、或は大部分の払出しをなすであらう」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙 (「うつ」は、全部の意) そっくりそのまま抜き取ること。※古事記(712)上「天の香山(かぐやま)の真男鹿(まをしか)の肩を内抜(うつぬき)に抜きて」
    精選版 日本国語大辞典