国語辞典の検索結果

7

  1. 〘名〙① 舌(した)。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根・識・塵等もかくのごとし」 〔詩経‐小雅・雨無正〕② 鐸(たく)の内部につるした小片。③ (「くぜつ(口舌)」の略) 男女間で言い争いをすること。また、口先でう ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 脊椎動物の口腔(こうこう)底に突き出ていて、食物を食道へ送りこむ肉質の器官。魚類では筋肉がなく運動性がなく、時に舌上に歯がある。両生類以上の動物では筋肉や腺があり、可動性に富む。人間では、味覚を感じる細胞が分布し、唾液腺が開口する ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ① 脊椎動物の口腔底にあって粘膜におおわれた骨格筋性の器官。魚類は筋肉を欠き粘膜状、一般の動物では筋肉・腺をそなえ、可動性。ヒトでは唾液腺が開口し、味覚・触覚をつかさどるほか、咀嚼そしやく・嚥下えんげを助け、発声器の一部でもある。べろ。 ② ...
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 a tongue 舌が荒れている|My tongue is rough [furry]. 舌がヒリヒリする|My tongue is tingling [burning]. 舌を出してください|Stick out your tongue ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

14

  1. 〘名〙① 舌(した)。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根・識・塵等もかくのごとし」 〔詩経‐小雅・雨無正〕② 鐸(たく)の内部につるした小片。③ (「くぜつ(口舌)」の略) 男女間で言い争いをすること。また、口先でう ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 脊椎動物の口腔(こうこう)底に突き出ていて、食物を食道へ送りこむ肉質の器官。魚類では筋肉がなく運動性がなく、時に舌上に歯がある。両生類以上の動物では筋肉や腺があり、可動性に富む。人間では、味覚を感じる細胞が分布し、唾液腺が開口する ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. (1) tongue 脊椎動物の口腔底にある筋性の器官で,食餌,触覚,味覚などに関係する。魚類では内部に筋肉がなく,運動性を欠き,なかには歯を有するものもある。両生類では魚類の舌に筋肉,腺をそなえ可動的な舌体という部分が付加されているが,ワ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典