国語辞典の検索結果

20

  1. イネの種子から外皮(籾殻もみがら)を除いたもの。そのままのものを玄米げんまい、搗ついて糠ぬかを取り去ったものを白米、または精米という。日本人の主食となる穀物。
    大辞林 第三版
  2. ① 米こめ。 「銭ぜになければ、-をとりかけておちられぬ/土左」 ② 〔「米」の字を分解すると「八」と「十」と「八」になることから〕 八十八歳。 [句項目] 米の祝い ・ 米の守り
    大辞林 第三版
  3. こめ。 「 -五十石まゐする程に/狂言・比丘貞」
    大辞林 第三版

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. rice 米の飯|boiled rice 米を作る|grow rice 米をとぐ|wash rice 彼はその日の米にも事欠いているようだ|He doesn't even seem to have enough money for rice ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

36

  1. 〘名〙① もみがらを取り除いた稲の種子。こめ。〔十巻本和名抄(934頃)〕※徒然草(1331頃)四〇「ただ栗をのみ食て、更によねのたぐひをくはざりければ」② (「米」の字を分解すると八十八になるところから) 八八歳。米寿。また、その祝。よね ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘語素〙 名詞「よね(米)」が他の語につづく時にみられる形。主として名詞の上に付けて用いる。「よなぐら(米蔵)」「よなむし(米虫)」など。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① もみがらを取り去った稲の種子。そのままのものを玄米、搗(つ)いたものを白米または精米という。よね。はちぼく。※書紀(720)皇極二年一〇月・歌謡「岩の上に 小猿渠梅(コメ)焼く 渠梅(コメ)だにも 食(た)げて通らせ かまししのを ...
    精選版 日本国語大辞典