国語辞典の検索結果

21

  1. 名詞の下に付く。 ① 常軌を逸していることを表す。 「色情-」 「偏執-」 ② 一つの事に熱中する意を表す。マニア。 「野球-」 「収集-」
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① くるうこと。気がちがうこと。常軌を逸すること。また、その人。※大観本謡曲・賀茂物狂(室町末)「これも狂もよく念へば聖といへり」※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「我輩夙にここに見あり、狂(キャウ)と呼び痴と喚ぶ。敢て管 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 1 くるうこと。気がちがうこと。「―と呼び、痴と喚(よ)ぶ。敢て管せず」〈逍遥・当世書生気質〉2 名詞の下に付いて、その事に熱中する人の意を表す。マニア。「競馬狂」
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 〔異常な熱情〕(a) mania; 〔人〕a maniac ギャンブル狂|a gambling addict 殺人[色情]狂〔人〕|a homicidal [sex] maniac
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

18

  1. 〘名〙① くるうこと。気がちがうこと。常軌を逸すること。また、その人。※大観本謡曲・賀茂物狂(室町末)「これも狂もよく念へば聖といへり」※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「我輩夙にここに見あり、狂(キャウ)と呼び痴と喚ぶ。敢て管 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 世界大百科事典 第2版
  3. 〘自ラ下二〙 気がおかしくなる。正気でなくなる。※万葉(8C後)一七・四〇一一「多夫礼(タブレ)たる 醜(しこ)つ翁の 言だにも 吾には告げず」
    精選版 日本国語大辞典