国語辞典の検索結果

14

  1. ① 赤。また、やや黄を帯びた赤色。 ② 赤色の顔料。辰砂しんしやとして産し、成分は硫化水銀(Ⅱ)。 ③ ② を用いて作った墨。朱墨。 ④ 詩歌・文章を添削して入れた朱字。 ⑤ 「銖しゆ」に同じ。 [句項目] 朱に交われば赤くなる ・ 朱を入 ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① 黄色を含んだ赤。あけ。朱色。また、黄色みを帯びた赤色の顔料。成分は硫化水銀。耐酸・耐アルカリ性で隠蔽(いんぺい)力も大きいが、日光や熱には弱い。有毒。印肉、漆器、絵の具、ゴムなどに用いる。銀朱。※続日本紀‐天平宝字六年(762)正 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 1 黄ばんだ赤色。2 黄色みを帯びた赤色の顔料。天然には辰砂(しんしゃ)として産し、成分は硫化水銀。朱肉や漆の着色、油絵の具などに用いる。3 「朱肉」の略。4 「朱墨(しゅずみ)」の略。5 朱墨で歌や俳句などに点をつけたり、添削したりした書 ...
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

2

  1. 〔顔料〕cinnabar; 〔朱色〕cinnabar (red), vermil(l)ion 朱[色]の|cinnabar red; vermil(l)ion 朱塗の|vermilion-lacquered 満面に朱をそそいで怒った|He ...
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)
  2. ⇒しゅ(朱) 朱に染まる| 彼は朱に染まって倒れていた|He lay covered with [in] blood.
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

14

  1. 〘名〙① 黄色を含んだ赤。あけ。朱色。また、黄色みを帯びた赤色の顔料。成分は硫化水銀。耐酸・耐アルカリ性で隠蔽(いんぺい)力も大きいが、日光や熱には弱い。有毒。印肉、漆器、絵の具、ゴムなどに用いる。銀朱。※続日本紀‐天平宝字六年(762)正 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 天然には辰砂(しんしゃ)として産する。紀元前から使用されていた赤色顔料。水銀朱ともいう。硫化水銀()HgSからできているが、最近ではカドミウムレッドCd(SSe)やモリブデンレッド(クロムバーミリオン)Pb(CrMo)O4などで置き換えられ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 赤色硫化第二水銀HgSの実用名で,水銀朱ともいう。天然には後述のようにシンシャ(辰砂)として産出するが,現在は人造朱が工業生産され,無機顔料である。酸,アルカリに不溶,王水および硫化ナトリウムには可溶である。無機顔料として耐薬品性はすぐれる ...
    世界大百科事典 第2版