辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典

国語辞典の検索結果

20

  1. (ラ変動詞「あり」の連体形「ある」(一説に終止形「あり」)が、助動詞「べし」「めり」「なり(伝聞・推定)」を伴うとき、撥音便化して「あん」となり、その撥音が表記されなかったもの。主として平安時代に行なわれた表記法)① =ある〔動詞〕※伊勢物 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① (bhava の訳語) 仏語。有情としての存在、その存在の仕方、生存などの意。三有、四有、二十五有などや、十二因縁の中の一つなどとしてあり、果(か)を招く業(ごう)、あるいはその業の果としてあるものなどをいう。※平家(13C前)二 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. [1] 〘名〙① あること。あるもの。存在。※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二上「英の being (体)なり。此ビイーンなる語は有なる字にして、その有とするものは体なるが故に、今之を体と称するところに用ひしなり」 〔老子‐四十章〕② ...
    精選版 日本国語大辞典

その他の辞典の検索結果

18

  1. (ラ変動詞「あり」の連体形「ある」(一説に終止形「あり」)が、助動詞「べし」「めり」「なり(伝聞・推定)」を伴うとき、撥音便化して「あん」となり、その撥音が表記されなかったもの。主として平安時代に行なわれた表記法)① =ある〔動詞〕※伊勢物 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. [1] 〘名〙① あること。あるもの。存在。※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二上「英の being (体)なり。此ビイーンなる語は有なる字にして、その有とするものは体なるが故に、今之を体と称するところに用ひしなり」 〔老子‐四十章〕② ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① (bhava の訳語) 仏語。有情としての存在、その存在の仕方、生存などの意。三有、四有、二十五有などや、十二因縁の中の一つなどとしてあり、果(か)を招く業(ごう)、あるいはその業の果としてあるものなどをいう。※平家(13C前)二 ...
    精選版 日本国語大辞典