国語辞典の検索結果

15

  1. ① 喪にこもる一定の日数。いみ。忌中。 「 -が明ける」 ② 死者の命日。他の語と複合して用いられる。 「一周-」 「七回-」 「桜桃-」
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① 凶事をきらい避けること。② 喪(も)にこもって忌み慎む一定の日数。いみ。忌中。喪中。③ 死者の命日。「一周忌」「三回忌」「七年忌」などと熟して使うことが多い。※観智院本三宝絵(984)中「七七日(なぬかなぬか)の忌の間は此の寺に来 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 1 死者の喪に服して慎む一定の日数。忌中。喪中。いみ。「忌にこもる」2 死者の命日。「一周忌」「芭蕉忌」→忌日[補説]
    デジタル大辞泉

英和・和英辞典の検索結果

1

  1. 1 〔喪〕mourning 2 〔命日〕 母の三回忌に|on the second anniversary of my mother's death
    プログレッシブ和英中辞典(第3版)

その他の辞典の検索結果

16

  1. 〘名〙① 凶事をきらい避けること。② 喪(も)にこもって忌み慎む一定の日数。いみ。忌中。喪中。③ 死者の命日。「一周忌」「三回忌」「七年忌」などと熟して使うことが多い。※観智院本三宝絵(984)中「七七日(なぬかなぬか)の忌の間は此の寺に来 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 忌(い)むべき状態。とくに人の死によって、近親者などが受ける穢(けが)れた状態をいう。忌には神聖であるために近づきにくいものと、穢れているために遠ざかるべきものとがあり、正反対であるのに一括して受け止めている。後者の最大のものは死と出血だと ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 世界大百科事典 第2版